投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

甘くて苦い、Chocolat な世界

イメージ
Happy Valentine♥ おひさしぶりです 皆様いかがお過ごしでしょうか? 雪のちらつく横浜と、一段と冷え込んだ渋谷をいったりきたりのショコラです


バレンタインなんぞ縁のないものと、すっかり忘れていましたが 仏壇に並んだチョコレートを見て、自分にも感謝する人がいることを思い出した薄情者。
バイト先で売られてる「東京ラスク」と「ルタオ」のダブル攻撃で 仏壇はちょっと賑わっています☆ もちろんガーナの本場チョコ「キングスバイト」も一緒に★
さてさてー、ショコラの名前の由来はチョコレートです。 フランス語ではショコラテ ドイツ語ではショコラ スペインでラテン系の友達に「チョコみたい」ていわれたのがきっかけ。
チョコって甘いよね、ビターチョコも好き。 まさに「Sweet & Bitter」なショコラテのごとく、 人生を味わい深め、 魅力的な女性になりたい
なーんて初心を忘れていた頃、 友達がステキな誕生日プレゼントをくれました。
宮本亜門さんのお弟子という、強烈女子なフィルムメーカー。 ショコラのHamataaaan写真展をみなとみらいまで見に来てくれて、 プロポリス入りのチョコレートと一緒に映画をくれた。
「ショコラも、こんな素敵な女性になるんだよ」


ジョニーデップ、かっこいーーー!!!!!ジプシー役、ハマりすぎ。。。
古〜いシキタリに縛られたフランスの田舎の村に、よそ者の母娘がやってきた。 派手で不思議なその女の人は、南米から伝わるチョコレートを作ってお店を始めた。 甘い甘いチョコレートは、みんなをシアワセにする。 保守的な街の人々は、変化にとまどいながら、あらがい衝突しながら、変わっていく。 甘くて不思議なチョコレートが、元気と自信と、勇気を与えてくれる。 そんなお話だった。
以前から見たいと思っていた映画だった。 誕生日にプレゼントしてくれた友達のセンスと思いやりに感動した。
フランスのカフェで、ショコラテが飲みたくなった。 女子校のみんなで食べたハーシーズ
丸の内OLのとき先輩と飲んだゴディバ
ドイツに住むダンディーがお土産にくれたリンツ。 ベルギー好きな友達が、町ごとにいろんなチョコが味わえるって。

口の中に甘〜いシアワセと、かすかな苦みがとろける。 ヴィアンヌのように、周りの人を笑顔にしようと思った。 自分の中にあるチョコレート、幸せの魔法…