投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

FEEL AFRICA展@みなとみらい TICAD2012に向けた横浜の取り組み

イメージ
えー、アート居候生活@アフリカを二ヶ月で切り上げたのにはワケがありました。 なんも予定なかったら、永遠にいついちゃうね!笑
そう、地元/横浜・みなとみらいで、新たな展示のお誘いを受けていたのです。 もっともっと、いろんな人にアフリカを知ってもらいたい。 そのためにショコラの写真や絵を使ってもらえるなら、どこにだって飛んでいきます!
Abengo edjuma, Abengo ewura
King Ayisoba, traditional musican
皆様、TICADってご存知ですか? 五年毎に開かれる「アフリカ開発会議」 日本政府が主導して、国連(UN)、国連開発計画(UNDP)、世界銀行(WB)と一緒に開きます。 第五回目の次回は、2013年6月です。 (外務省メッセージ
前回に引き続き、今回も横浜で開催される運びとなりました♬ 歴史のある古くて新しい港町、横浜。もともと様々なアフリカイベントが行われていましたが、当時は横浜市内の学校や駅でアフリカの国々をそれぞれ紹介するような取り組みが行われ、とても新鮮でした。国家間レベルの技術協力も大事ですが、こういった市民レベルでの国際交流は、基礎を作る、大事なことだと思います。
だってさーーー、もしだよ、もし。 自分が小学生で。 「じゃーこの国について調べてみよう!」 肌が真っ黒で、全く違う言語を喋る国の、 なんだか全く違う環境で、違う生活をしている国の、子供達がいることを感じて、 映像や写真を見たりして、想像してみて、その絵を描いたりしたら。 とっても印象的じゃない? その時はよく分からないかもだけど、 「なんかやったかも」といつまでも覚えてるかもしれない。
そーゆー体験て、凄く大事だと思う。
開催時の6月1〜3日は、横浜開港記念日6月2日も入ってる一大イベント。 (小学生の時、この祝日にディズニーランドに行けるのが嬉しかったー♬) その一年後の会議に向けて、ちょうど今年の開港記念日に、横浜市がプレ・イベントを開きました。「キック・オフ・ウィーク」と題して、アフリカ各国大使館と協力して、臨港パークとJica横浜で様々なイベントを行いました。 (横浜市文化観光局のお知らせ



Jica横浜ではアフリカ大使館の紹介はもう終わってしまいましたが、 (今は神奈川県の草の根技術協力事業の紹介が行われています) 青年海外協力隊の…

旅の終わり、南スーダンへの誘い

イメージ
すみません、もう日本に帰ってきてますが(爆) 最後ちゃんと旅の終わりをまとめて、アフリカでのアート居候生活を締めたいと思いまっす!
もう最後は寝ずの一週間★
デビーと過ごした女子トーク炸裂の日々、不思議体験/リアルArabian Nights。 パンジーのスタジオは台風で半壊。(けっこーショック!) アフリカ連合祝日のイベントは、設営から撤去まで同行。
King Ayisoba performed at venue  ViennaCity, Tema, Ghana celebrating African Union Day 2012
最後の夜はマキちゃん夜遊びに出かけ、African Jazzy Hiplife Nightを堪能♬
Miles Davis Night in +233, Accra, Ghana Sound Factree featuring Ambolley & Paakwesi
アンボレおじちゃんの興奮醒めやらぬライブから数時間後、
夜明けとともに出発直前まで絵を描き続けたオスのアトリエ。
そのパジャマのTシャツのままタクシーに乗り込み、パンジーのスタジオに寄って修復中の屋根を拝み、挨拶をする。嬉しいことにパンジーはアイソバの絵を見たいと言ってくれ、タクシーに積み込んだキャンバスと紙を道路に広げて見せたのはチェックイン直前。一時間後には飛行機が飛ぶという、危機的状況!(いやーまーでも勝手知ったるコトカ空港、無事乗れました◎)マキちゃんは空港の中まで見送ってくれた。
今まで数多の検問をくぐり抜けてきたスイス制のちっこいマルチナイフ。 コトカ空港にて没収! だーーーーしまった!!!ワイン空けたりなんだりして、スーツケースに入れるの忘れてた。一年前もフランクフルトで没収されかけたのを同期仲間が救ってくれたのに、今回はノー味方、しかも融通の聞かない途上国の空港。チュイ語で泣きつくも最後は「Akora Boni Papapa!!!!!」と叫ばれ取りつく島無し。本当に悲しかった、パピーがスイスで買って来た本物ナイフは空港のゴミ箱に捨てられた。
落ち着く間もなくテロップへ登ったから、歩きながら居候したみんなにお礼の電話。
あの熱帯の空気、肌に焼き付く日差しを感じている間は、当たり前に思える。
人懐っこい笑顔、みんなの優しさ、温かさ、おせっかい。
生まれた場所…

Princess Ghaddafiaーカダフィの名を持つ娘ー

イメージ
なんか随分と物騒なタイトルですが(笑) 別にそんな大げさなことはなく、居候先のスタジオのお嬢さんのことです。 パンジーの娘の名前は、カダフィア。

「カダフィア・ヤンクアー・アノフ」

随分変わった名前だな〜と思ったけど、みんな「ヤーヤー」と呼んであやしていたので、ショコラもそれに従っていました。別に細かいことはいちいち聞かない、周りを見て適応する。単なるめんどくさがり?w

でも初めてベイビーに会ったあるお客さんが、パンジーに聞き返した。
「カダ…?」 なんだ、ショコラが聞き逃したんじゃなくて、ガーナ人にとってもレアな名前なんだ。 その様子を見て自分の語彙力やヒアリングの問題じゃないことを知った。

「カダフィア。あのカダフィーから付けた名前だよ」

エイイイイ!!!!!!!!!マジか!どーりで聞き覚えのない名前なワケだよ! 女性形の名前ってことは、もしや勝手に作っちゃった?!
最初ビックリしたけど、思い出してすぐに納得した。
「石油産業の国有化のおかげでリビア国内はいたって先進的な福祉国家。 無料の教育、住宅手当、高い識字率、結婚した夫婦への手当、留学奨励。 それがカダフィの国策。 終わらない中東の争いを止めるべくアラブ世界をまとめようと尽力したし、米国に迎合しないで石油をドルじゃなく金に交換するシステムを作ろうとした。」
やってくる客人にいつもこういって説いては、皆で喧々囂々、ガーナの歴史からアフリカの政治や経済について語りだす。飽きもせずに、よく喋ること(笑)停電だろーが断水だろーが、キャンドル灯してお構いなしに議論を続ける。男って好きだね、政治とか経済の話。。。
別に対して口は突っ込まない。 アフリカのブルジョワ達が織りなす情勢と批判をさりげに聞き流し、 興味深く拾って行く。
カダフィの名前を娘につけるかー(笑) やるなーパンジ。さすが!あっぱれ◎
て普通に思っちゃうの、おかしいと思う? なんで平気なんだろ。 自分を探ってみた。 思い出した! 身近にいた、強烈な批判家を!
MY DADDYである(笑)
生きてたら、なんて言うんだろーなー。この話w たぶん雑誌読みながら片耳で聞いて「フン」て笑う!

今振り返ると、とても強烈なアンチ現体制派であった父。 よく言えば社会意識/政治意識の高い日本を憂う男児。 ま、言ってしまえば、右翼に負けず劣らずの愛国者! 学校で国家や国旗…

傾城の夜、千の願いー後半

イメージ
翌朝、早くから会話が聞こえた。 「ショコラ、おはよ」 デビーが部屋に入ってきた。 「今から彼をRoyalホテルに送ってくるから、私達が出て行ったら内側から鍵かけて」 寝ぼけ眼に下着姿で、彼らが出て行った後に施錠した。
二度寝すると、デビーが帰ってきた。
ショコラの部屋はライトブルーのツインベッドと、明るい木目のクローゼットがあるだけのシンプルな部屋。柔らかな日差しが白いレースカーテンから差し込む。デビーが一緒にベッドの上に座った。開口一番言った。
「寝てない」 「WHAT?!!」 「聞こえなかった?夜通し喋ってたのよ、私達」 「最初は話し声が聞こえたけど…」 まさか朝まで話続けているとは思わなかった。 モチロンそんなの聞いてる訳もなく、気づいたら寝ていた。こんな小綺麗な部屋より、パンジーの家の小汚い床に寝転ぶほうがよっぽど好きだ思いながら、ちょっと寂しくなりながら爆睡していた。
「突然、好きだ、結婚してほしい、子供が欲しい、なんておかしいと思ったのよ。 それに私は結婚や子供を今は考えられないことを、伝えなければいけなかった。 そしたら彼も、告白したの。」 「何を?」 「えっと、まずはこれから彼のことは"パンケーキ"ってあだ名で呼ぶことになったわ」 「パンケーキ!!!!!(爆笑)」 目が覚めた。

パンケーキはいくつかの国の邸宅に、大量の現金を保有している。大量すぎて銀行には預けられないらしい。パンケーキの名義で経営していたボスの会社など、ボスが殺されて行くところがなくなった資産や、他にもいろんな財産が、パンケーキのもとに転がり込んできた。
「いろんな人が彼がお金を持ってることを知ってるから、電話がひっきりなしに掛かってくるの。葬式を出してくれ、援助してくれ、他にもいろいろ、いろいろ。」 アフリカ人が安易に金を乞う姿が、容易に想像できた。
「初めて会ったときも、奥さんが使用人と駆け落ちした話をしたとき、彼泣いてたわ。 私は兄が二人いる末っ子だけど、一番しっかりしてる性格でしょ? パンケーキと昨日話してるときも、彼、私のことを”ママ”って呼んでいい?て言うの! 小さい頃に母親をなくしたから、お母さんみたいな人がいつも欲しかったんだって」
マフィアの大男をあやす、魔性デビー。もう笑う力もなく、絶句する。 「…あなた本当にwa ya deね…」 英語も…