投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

Previous Research of African Popular Arts★2016後半ガーナ調査/大学で文献講読

イメージ
9月にガーナ大学の指導教官Dr. Kwame Amoah Labiと面談し、年内はガーナの看板絵の先行研究を網羅し、アフリカンモダンアートの中の位置づけを探ること、そしてガーナアート、アフリカンモダンアートの基礎知識を身につけること、という道筋を立てた。





年末のアクラ調査、翌年に始まるクマシ調査を見越して。
看板絵はWayside Artとも呼ばれ、アフリカを代表する「アート」ではない、アフリカが苦労のすえ築き上げた「モダンアート」ではない、とする見方がアフリカ人にもアフリカンアート関係者にも多数だが、Dr.Labiはそれとは正反対の立場のようだった。
"Let's put signwriters, graphic designers, and 'Almighty God' as apart of modernization and modernity of Ghana, and think as a part of African modern art."
看板絵師も、グラフィックデザイナーも、私の論文のメインテーマ(予定)のクマシの絵師も、みなすべてアフリカの「近代化」「近代性」の一部であり、そして「モダンアート」として位置づけ考えてみようではないか。
この発言の背景には、クマシの路上看板絵師と大学美術教育のアートを比較検討し、この二極のダイナミズムこそがクマシのアートを極めて他とは異質なものにさせている、大学美術が優位なのではなく双極性がクマシのアートの源泉であり魅力なのだと結論づけるAtta Kwameを引いてのものだった。
そして私にはそれがとても自然で、魅力的で、ワクワクするものだった。だって明らかに私はAtta Kwameの追従者だから。Atta Kwameは美術史家であり、ガーナのモダンアートを代表する画家でもある。アフリカのモダンアートは長く美術としては認められてこなかったがために、先に「アート」に仕立て上げられた民芸品に対するアレルギーが強い。Atta Kwameはそれらを優しく包み込み、路上の文化を認め、それを含めてのクマシというひとつの都市の、ガーナというひとつの国のアートの多様性とダイナミズムを描いたのだった。そして私はその路上側の描写をもっとしていきたいのだ。

それからはひたすら雑誌と論文を読…