首都オリエン終了!

ホームステイを終えて首都で一週間、
赴任前オリエンテーションが終了しました。
.
保健や安全管理のレクチャーや
銀行口座開設、
(使用するStandard Charterdでは引き出しは小切手)
住居報告や防犯設備の申請、
これが終わればあとはいよいよ赴任です。
任地での生活が、仕事が始まります。
.
平成20年度4次隊
(時代錯誤な響きですが、こうした呼び方で年次を区別する)
を歓迎して、先輩達が新歓パーティを開いてくれました!
.
フリマでは帰国する先輩から服をもらったり
冷蔵庫から体重計まで家電もよりどりみどり
かなりの生活物資を揃えました。
でも洗濯用のタルと水汲みようのバケツは
任地で揃えるかな~


元・白衣の天使達☆
.
感染症対策の右がマイマイ・左がミワちゃん
看護師さんたちはやっぱ凄い
病気の介抱、怪我の処置、
働いてるとイキイキしてる
他の隊員の足の指にたまった膿も、
楽しそうに絞り出していた
.
二人はバイク隊員なので一緒に仮免を申請しにいった。
ゴチャゴチャした刑務所みたいなとこだった。
2ヶ月後自分で本免取りに行けなんて放置プレーもいいとこだょー
赴任後3か月は任地を離れてはいけないので、再会は次回の隊員総会がある8月までお預け。
.
でもバイク隊員のみんなとは6月中旬にある
北部タマレでのバイク講習で再会できる




先輩隊員たちがカレーを作ってくれました!
感動~~~(涙)
カレーってこんなにおいしかったけ
.
現地食はおいしいといえど、油がキッツイ
主食の芋類も胃には重い
.
精神衛生・健康管理には
(そして会社辞めてからガーナ到着までに
身につけた5kgの肉の鎧をそぎ落とすには)
健康的なヘルシー自炊が必要不可欠ということを学んだ
ホームステイ&アクラ帰還なのでした

コメント

このブログの人気の投稿

喧噪とゴージャスの狭間に揺れる、魅惑の駐在員ライフ@香港

日本でマラリア発症

神様がくれたHIV