Ahyiem School

スンヤニの秘境、アフラスの子たちが通うエシアイエム学校におじゃま☆
アフラスのメンバーに会議を知らせる手紙を届けるのが目的で町を訪れ、
幸運にも手紙の宛先Mr.Augestineの息子に会って渡せた!
学校はこの日、来るスポーツ大会に向け猛練習中!
来週、同地区の学校が集まってサッカー、バレーボール、陸上などの
競技をきそうのだ。先生も生徒も真剣そのもの!
この日は陸上競技のタイムを計って代表選手決め。
長距離・短距離を制覇した右の男の子の走りっぷりは見事でした!
さっすがガーナ人、運動能力ハンパないです。

一見立派な公舎。
左は小学校低学年。右は先生たちの宿舎。
役所の支援で2006年に建てられた。
でも、ちょっと見渡すと…
左の奥に見える廃屋は、小学校高学年の宿舎。
なかなかキテました!
右のマンゴーの木下では、普段幼稚園児たちが100人以上ひしめき合う。
極めつけは去年始まった中学校一年のクラス!
小屋です(笑)授業は雨天中止!
この奥に中二を増設予定中。

この学校、まだ給食制度は導入されていない。
それが始まったら、、、
ただでさえ何もない施設はキャパを超えてしまうだろう。
でもここの地区は人口増加中で、低学年は人数が倍近い。

でもこのエシアイエム、私の担当地区ではない。
でもアフラスの子たちが徒歩二時間かけて通う唯一の学校。

ボランティアの時間は限られている

私に何ができるのだろう

現在、中学生たちは近隣のチラの学校まで通っている。

と、思っていたら…あれあれ?
いつの間にかあたり一面に立ち込め、もうもうと空に上っていく煙。

そう、BUSH FIRE!!
これが私がガーナに来てで初めて見た山火事。
あれよあれよという間に移動して、空から灰が降ってきて。
凄いです。でも何が凄いって、
それを見て驚かかないガーナ人たち。
学校から一番近い井戸。
水汲みで一生懸命なおばちゃんたち、煙について聞きたいのに
お喋りに夢中でちっとも話を聞いてくれない!

エシアイエムの先生たちとは、公共バスのトロトロで知り合った。
「いつか行くね」と約束し、それが実現できてよかった。

その校庭に植えられたアカシアの苗木。
廃屋校舎と、ほったて小屋と、マンゴーの木の下の青空教室の
未来への希望。

コメント

このブログの人気の投稿

喧噪とゴージャスの狭間に揺れる、魅惑の駐在員ライフ@香港

日本でマラリア発症

Shokola Life Returned After 3 years3★3年振りの復活、近況報告