KOJO ANTWI 2011

みなさま、明けましてオメデトウございます♥
2010年をまったく顧みてないSHOKOLAですが、2011年もよろしくお願い致します!


さてさて、まったくもって小説より奇なり、なこの現実を、「人生ネタじゃん!」根性を元に徒然なるままに書き綴っておりますこのブログ。


新年の抱負を抱き、気分を新たに、新たな自分に出会うため、新たな人に出会うため、新たな人生を送るため、回想するなりメディテーションするなりして、来る年を迎えたいのが日本人というもの。


んが、そんな余裕も全くなく、日本大好きドライバー・アタさんのクリスマスプレゼントのSTAR BEERを有り難く頂戴し、昼からおいしく仰いでいた昼さがりの大晦日、元旦、正月三が日。


やっぱり、嵐はやって参りました。
まだ2011年の準備できてないっつーの!
神様はそんなことお構いなしである。まったくもう…


元旦、記念すべき1/11/11。
SHOKOLAはコジョ・アンチュイKOJO ANTWIという世界的に活躍するガーナ人歌手のライブに行っておりました!年末年始ガーナ全国ツアーを展開し、スンヤニにもやってきたのです!


90年代HIP LIFE全盛時代にガーナを制した渋めのおっちゃん!2000-2003 GHANA MUSIC AWARDS総なめ。JAZZ & REGGAEの入ったオシャレ〜な楽曲で、30〜50代の大人に大人気!今はスイスに事務所を構え、欧州でも精力的に活躍する。いかにもガーナらしいガチャガチャうるさいHIGH LIFE曲とも違うし、若者がラップを刻むヘビーなHI HOPとも全然違う、ガーナらしくない、古いけど新しい、そしてどの世代にも人気の実力アーティスト。
そこで演奏していたバンドがなんと、同期隊員を通じてアクラで知り合った友達だったのです!!!奇跡ってあるもんね…
アクラ隊員のエナジーと見に行ったイベントにて☆
女の子が声を上げて立ち上がろう!という趣旨のイベントが、外国のNGO主催で首都アクラで開催され、今をときめく女性シンガーが集結した。


ちょっとクールでミステリアスな女性シンガー。しっとり系ジャズから、ラテン系サンバを踊り力強く歌い、独自の道をゆく歌姫
ナナヤー NANA YAA



楽曲からキーボード、コーラス、ギター、マルチプレーヤーの音楽プロデューサーは、普段は明るい気さくなお兄ちゃん。けど一度ステージに上がるとハイテンションで天才的なキーボードの腕前を発揮する!
クワメ・イエボア KWAME YEBOAH


誰よりも楽しそうに太鼓を叩く姿は音楽の申し子!ナイジェリア出身の天真爛漫な天才ドラマー(そしてこの度ベレクムでの盗難事件では一番ご迷惑をお掛けしました、申し訳ありません…)
サンデー SUNDAY


12月アクラで彼らの素敵なライブを見たばかりで、その一流演奏者達がKOJO ANTWIのバックバンドという、なんとも豪華なメンバーです!さっすが全国ツアー…


もうスンヤニハウスではシスターナオミとKOJO ANTWIの一大ブームである!
ライブビデオ、写真、CD…シスターナオミとのGIRLS TALKはノンストップ!正月早々、ガーナ音楽のトレンドと分析をしこたま語り合った。


ガーナのHIP HOPにハマった2010年から一転、2011年は元旦から新たな音楽ジャンルの開拓である!


最終コンサートはお隣の街、ベレクム。1月2日はひとりで乗り込み、ゲストとしてエンジョイしてきました!エンジョイしすぎて鞄を置き引きに遭い、ハンディのビデオカメラと現金をやられました…トホホ(泣)


たまたま演奏者達と顔見知りだったってだけで、チュイ語を操りオブロニ女子特権を乱用し(笑)しゅるしゅるーっとツアーの舞台裏に潜入し、演奏者達の素顔を垣間みてきた。なんでか分からんが、そんな流れになった。ビデオのひとつくらい、もー仕方ない!ってくらいに、大きな大きな感動をもらった。


全国七カ所目のツアーの最終地ということで、みなさんヘロヘロに疲れてました…
が、そこはプロ!ひとたび舞台に上がれば誰よりも弾けて、誰よりも楽しんでいたのは彼ら自身でありました。


渋くてお茶目なKOJO ANTWIが歌うと、会場中が歓声でわき上がり、歌う曲、歌う曲、ぜーんぶぜんぶ大合唱なのである!本当に、一曲もらさず全部!およそ30曲をぶっとーしで、スンヤニ4時間、ベレクム3時間の濃ゆ〜い濃ゆい、ライブであった。


客層は40代が一番多かったかな、オシャレなちょっとリッチクラスの大人達が存分に楽しんでいた。スンヤニでは配属先の同僚や、街で知り合ったおっさん、大病院の看護士など、「えー!ひさしぶりー!」てな人がいっぱいいた。


しかし一月二日ベレクム公演は、SHOKOLAの不注意のせいで関係者のみんなに本当に迷惑をかけた…ゴメンナサイ(泣)一番怒ったのはツアーのマネージャーをしてるおっちゃんである。「なんだとコラー!演奏者のワイフ(嘘である!友達である!だけどガーナ人こーゆー言い回しが大好きである)の鞄を取っただとー!どんな輩だ!あの一緒に踊ってた若いガーナ人姉ちゃんは知り合いか?!あの後ろにいた若い男共の仕業かもしれない!」
そして仕舞いには、ド迫力の鈴木園子バリなワイフ!を連れた、KOJO ANTWI本人にまで話してくれた。イベント後でお疲れなのに恐縮である…でもちょっと話せた。


「凄いよかったです、感動しました。日本やアジアは来たことありますか?」
「どうもありがとう。いや、ないです。でも今年か来年行けたらと思ってますよ」


ほ、本当か???よくある社交辞令だろうか???


結局怒鳴り散らしてたマネージャーのおっちゃんは最後まで面倒を見てくれ、SHOKOLAは御一行が泊まるホテルの空き部屋に泊めてもらい、全国を巡業した大型バスでスンヤニの街で途中下車させてもらった。


もう頭上がりません!本当にありがとうございました!


さて、KOJO ANTWIの年明けライブで超ハイテンションで幕を開けた2011年。
シスターナオミとガーナ音楽について語り合ったくだり。


前述の通り、2010年はふたりしてガーナのHIP HOP音楽にハマった。
今、一番の流行なのである。SARKODIEはじめとするTEMA BOYZ達(R2BEES, YAA PONO,NANA BOROO)アクラで活躍するVIP, OBRAFOUR…みな低音の効いたビートにラップを刻むスタイルで、英語とチュイ語と、そして「ピジョン・イングリッシュ」を織り交ぜて、更にはナイジェリアの流行言語も取り入れて、言葉の魔術師ラッパー達は様々な思いや主張を歌う。


PIDGION ENGLISHピジョン・イングリッシュとは、まー簡単なイメージとしては黒人が喋るブロークン英語である。定義としては「英語を話さない違う母国語を持つ者同士の共通言語で、簡略化した英語」であるが、SHOKOLAとシスターナオミの協議の結果、首都の若者言葉って位置づけな感じである。FACEBOOKやTWITTERといた話し言葉のメディア媒体は大概ピジョンである。もちろん彼ら同士の日常会話もピジョン。首都の、としたのはスンヤニではあまり聞かないからである。各地域にそれぞれのピジョンがあり、西アフリカではナイジェリアとガーナの言葉が混じりこんだをピジョンが話される。


言葉の魔術師達は、本当に様々な言語を取り入れ、隠喩から直喩から、いろんなことを歌う。ガーナ人が持つ天性のリズム感が生み出す弾けるような、胸が踊るような音楽は、音だけでも十分楽しめる。でもやっぱりラップは言葉が分かった方が、断然面白い。


12月LABADI BEACHで音楽プロデューサーのコーサブラウンと遊んでいるときに面白い話を聞いた。「LUNXとVIPのNO MORE PAYOって曲あるでしょ、これTEMA BOYZに対する宣戦布告なんだよ。それに対して応戦した曲が、R2BEESとSARKODIEのT.E.M.Aって曲」彼はひとフレーズずつ一時停止して、チュイ語とピジョンの入り交じる歌詞を解説してくれた。いや、これ貴重な時間だったよ!スンヤニの若者なんて「早すぎて何言ってるかわかんな〜い」と苦笑いするのがオチなのである。VIPはSARKODIEをLEO SKINNY(痩せた黒豹)と指して「調子こきやがって!」的な蹴落とし方してて、PAEDEAは「誰が英語しか喋らないだって?俺のチュイのラップを聞きやがれ!」的な啖呵を切ってて。いやー、一体ガーナ人の若者もどれだけ分かってる人がいるんだろうか?何言語も操り、流行の外国語も取り入れ、ラップは本当に言葉の魔術である。その魔術師達は、ほんっとうに言葉の感覚が鋭い。なまじっかチュイ語を多少喋り、互いに音楽関係者とプライベートに付き合っていて、造詣がちょっとばかし深いシスターナオミとSHOKOLAはラップのチュイ語も追っかける。もう何度も何度もふたりで聞いて、あーでもない、こーでもない、と聞き込んでいく。いやーWELL DONEでしょう(笑)


「ピジョン英語が分かったら、ガーナ音楽もっと楽しめるね」


1月1日のGIRLS TALKの結果、シスターナオミとSHOKOLAは上述について合意した。


KOJO ANTWIとともに幕を開けた2011年。HIP LIFEの大御所が世界中のガーナ人を魅了する音楽は、お洒落なJAZZと、ゆるいRAGGEAを取り入れた、時代を超えて愛されるライブサウンド満載の美しい楽曲だった。


音楽って凄いな


この素晴らしい音楽が、日本に、世界に、もっともっとみんなに知ってもらって、聞いてもらって、楽しんでもらえたらいーのにな。と思わずにはいられないくらい、KOJO ANTWIに感動した元旦だった。

コメント

まりこ さんのコメント…
ますますパワフルなしょーこちゃん★
もうすぐ帰ってくるのかと思うとみんなで
ウキウキしてます。

ガーナHIP HOP は聞いたことないけど・・・
J-RAP を最近聞いていて、HIP HOP て
いいよなーと思います。
DISとそのANSWERだったりが一番楽しかったりもするよね。

あと少しの期間、頑張ってねー!
ビゴトラ さんの投稿…
SHOKOLAさん、キレイになってない?
なんかあったの?
SHOKOLA さんの投稿…
@まりこちゃんーーーん!
常夏ガーナで波瀾万丈送ってるよー(笑)
み、みんな?みんなって?青学のみんなーーーI MISS Uよーーーー♥あともう少し!
ガーナでこんなにも音楽関係者やクラブイベントにお呼ばれするなんてねー、みんなと帰ってから話が盛り上がるよ!

@ビゴトラさん
綺麗になりました?私?そうですかー?乾期でお肌ガサガサなのに、ビーチは12月の写真、ライブ写真は元旦、NO化粧NO日焼け止めですよ(爆)HAHAHA 
おかげで最近めっきり黒くなり、ガーナ人にハーフと間違えられます…どんだけ!

このブログの人気の投稿

喧噪とゴージャスの狭間に揺れる、魅惑の駐在員ライフ@香港

日本でマラリア発症

Shokola Life Returned After 3 years3★3年振りの復活、近況報告