大阪に帰郷♥

どーもーーー。ショコラです♥
4月、5月と二回の被災地ボランティア(RQ市民災害救援センター)を経て、
やっとこさ大阪の親戚にご挨拶に行って参りました。
アフリカは西の果て、ガーナに旅立ってから、派遣前訓練合わせ早二年半…
じーさまといえば、三年近くも顔を合わせておりませんでした!
とんだ不孝孫娘でございます…


はいっ!娘がいうのもなんだけど、若々しいですねー!
どんどん若返っていきます、ショコラMAMY!
青山でOLしちゃってるMAMYは毎日キラキラ出勤してます。
そして土日は(だけでなく平日夜も)バレーボールに
勤しんでおります。超元気母。

実は今回、母娘+犬でのドライブ旅行をしてきました。
(wizサスケ11歳!
柴犬&ポメラニアンのハーフです♡)


母娘(+犬)水入らずで一週間二人旅。
大阪に住むMAMYの親戚だけでなく、
せっかくアフリカから帰って来たからこりゃー日本の神様&仏様に
ご挨拶でしょ!てゆーんで伊勢神宮、熊野三山、高野山を参拝☆
紀伊半島と駆け抜けること、海千山千、走行距離およそ1500km
ぜーんぶショコラが運転してきたよー★


帰国後、東北で冷えたせいか肩コリが復活!
トホホ…なもんで、近所のホットヨガ・スタジオに駆け込み
見事にハマってしまいました…ヨガ万歳!
運転中もヨガストレッチで疲れ解消☆
海道山道、高速道路、ヨガのおかげで
事故なく安全に運転することが出来ました♡


大阪の祖父母。
ショコラPAPPYは浅草のチャキチャキ江戸っ子。
MAMYはといえば、生まれも育ちも生粋の大阪っこ。
hahaha、なかなか今思えばなかなか過激な環境か?
人生、長く生きてれば様々なドラマがあります。
死線を幾度も越えて来たじーさま、
今でもパワフルに動き回るばーさま、
いつもいつも、ありがとうございます。

この二人のもとに生まれた、子供達とその家族。


大阪の祖父母の子供達は、
みーんな結婚して子だくさん。
毎年毎年、横浜に住むショコラ達一家はPAPPYに連れられ
夏休みは大阪に里帰り。
淡路島、瀬戸内海は小豆島、鴻島、
伊勢志摩、鳥取砂丘にも行ったね。
たくさんの親戚と同年代のイトコたちと遊んだ、
夏の思いで。


My Baby Boy!!!!!?
no, no, no...he is YUIKI!!
our happiness... how sweet angel! mwah!


ママ友?!


「ちゃいまんがな!」
by 天真爛漫YUMU


ショコラが二年半日本をお留守にしていた間、
いとこのYUMIちゃんは二児の母になっていました♡
そしてショコラは伯母になっていました!
そしてまた一人弟が増えた♬
welcome隼!


みなさん、「だんじり」ってご存知ですか?
地車とか(檀尻、楽車)という字を書きます。
一番有名なのは岸和田の地車かな?
神輿みたいなのを引いて争う、荒くて激しいヤツ!
(岸和田のは毎年死者が出るらしい…)

なんか意外と古い街だぞ、大阪市平野区!
隣の大念仏寺は融通念仏宗の総本山、日本初の念仏道場だそうな。
昔から通っている住吉、平野、調べたら結構歴史があった。
「だんじり」文化圏の近畿の中でも、
メッカでもあるそうな。
そしてその由緒ある平野「市町」のだんじりを毎年曳く、
いとこTOSHIくん。

TOSHIくんが教えてくれた。
「だんじりは地に車って書くねん、
神様を肩に担いで運ぶ神輿とちゃう、
だんじりは厄払いとかを祈る行事で、
俺らは車を担いで地を走る。
神事やから平野は日を変えへん、
毎年7月の同じ日に走んねん。」


え、どっちが黒いかって?
んー、そりゃーねぇ、筋金入りだものw
え?どっちが?w
でもショコラも日本でよく言われるのだ
「サーファーですか?!」
こないだお手伝いした野外フェス「響」で
DJ SACRAちゃんにも言われた…
なぜだろう、日本で日焼けしてる=海??


毎年旧盆の7月中旬
街の若者が中心になって伝統行事を担う
地車祭り

頂上で遺影を親友の遺影を抱く
TOSHIくん

滅茶苦茶カッコいい


地域毎に特色があって、
ギャルや子供がハッピ着て
お昼の町を練り歩くんだって!

TOSHIくんの「市町」は女人禁制の硬派な地車で
漢くささがウリらしい

平野も岸和田も泉も
地車を曳くのは街の若者
中心は威勢のいい地元のヤンキー達

彼らが中心となって伝統を守り、
文化を体現し、
歴史が受け継がれて行く

だって思うのだ。

根無し草の地球放浪人
ショコラ達のような輩が
異郷の地の異文化を求めてあてどなく彷徨うのは、
彼らのようにその土地に生き
その土地の文化と歴史を体現する
人と空間に出会うためだから。

その先で何を見て、
何を感じて、
何に心を、魂を、
揺さぶられるかって、

五感が研ぎすまされ
最高に感性が開放される瞬間

それはその土地に生きる人間のみが受け継ぐ伝統
常に生まれ変わり変容していく文化と歴史
その通過点で
今を駆け抜ける「生」に触れることで、

自分の遺伝子を確認し
自分のルーツを噛み締める。

自分にはない文化の、
でもなぜか心とカラダが深く繋がっている
遠い記憶を呼び覚ますために

その作業を永遠に繰り返す
あてどない旅が人生なのだ。


キャノン一眼レフで取り溜めた珠玉の写真をセレクト♡
(大半は整理出来ず、ほとんど最新2011年からセレクト…
トホホ。泣)

親戚のみんなにアフリカの景色を、人々を、生活を見てもらう為に
今月いくつか行う途上国ボランティアの体験談の講演に役立てる為に
フォトブックを作りました♥


記念すべき第一号贈呈者はショコラの左隣
高校生のイトコしずか♡

多彩で真面目なしーちゃん。
悩み多きお年頃ですが、人生これから!
頑張ってください★

え、右のYUMIちゃんに挟まれると、
ひとりひたすら黒い?
そりゃー、やっぱもう、Afro-Japaneseですからw
一緒に写ってるふたりが白すぎるんだよーーー

スキヤキうまかったーーー!

大阪では毎晩、親戚のマコちゃんと晩酌♬
いっつも最後まで飲んで
いっつも最後まで語ってw
(翌朝仕事なのにアリガトウ…)
も〜、ふたり揃うとエンドレス!
MAMY達と一緒にガーナにも来てくれた、
趣味も話も合うパワフル自由人☆


World Heritage: Cape Coast Catsle
Oct 2009



Lovely mother & daughter♥
Mako & Saeko
at Chiraa house door


大阪帰りのショコラ達は、横浜で
ガーナでの同居人シスターナオミをお出迎え!

ナオミのお隣は同じくガーナにも来てくれた
いとこのサエコ♡大学の後輩!
就活氷河期の荒波を乗り越え未来を切り開く
頑張り屋さんは、みんなの憧れるドクモちゃん☆

浦島太郎のショコラは
最新の音楽、ファッション、今時の日本を
彼女から学ぶ…(forever21! superfly! マキシ丈ワンピ!etc)


Afia Naomi

いつも我が道をひた進む独立独歩のナオミは
近々英国留学予定。

お別れの日も近い。

この日は久しぶりに二人で料理!
ガーナの森の片田舎の街スンヤニ、
チラの村で共に過ごした日々。
活動、人生、恋愛、
もう全てを語り合ったマイ・シスター。


そんなナオミにお餞別!
熊野で出会った不思議な硯屋さんで
ゲットした筆で初作品☆


インディゴ・チルドレン、
宇宙人ショコラの地球の大阪家族を
ご紹介しました〜♬

魂の記憶は今に繋がり
未来へと紡がれる
連綿と続く物語

コメント

このブログの人気の投稿

喧噪とゴージャスの狭間に揺れる、魅惑の駐在員ライフ@香港

日本でマラリア発症

Shokola Life Returned After 3 years3★3年振りの復活、近況報告